「痛くない」を実現する無痛治療

無痛治療は、歯科治療が苦手な方に受けていただきたい治療です

「行きたい気持ちはあるけど、歯医者には抵抗がある」

「歯を治療するときの痛みが我慢できない」

「麻酔注射の針を刺すのが怖い」

「子どものころの治療で痛い思いをしたのがトラウマになっている」

無痛治療は、歯科治療が苦手な方に受けていただきたい治療です 歯医者や歯科治療に抵抗感や苦手意識がある方の場合、「気が付いたらもう何年も歯科医院に行っていない」という方もかなり多いのではないでしょうか? このように歯科医院と疎遠になってしまうと、虫歯や歯周病などのトラブルを放置しがちになります。また症状がなくても、調べてみたらお口の中の健康状態が思っているよりもかなり悪かった――というケースが少なくありません。 兵庫県赤穂市の歯医者「あきた歯科」では、「歯医者が嫌い」「歯科治療が苦手」という方にも安心してお越しいただけるように、無痛治療に取り組んでいます。実際当院へ来られた患者様からも、「痛くなかった」という声を多くいただいています。

あきた歯科の無痛治療の取り組み

当院では、麻酔注射時の工夫やレーザー治療を通して、患者様が痛みを我慢しなくてすむような処置をご提供しています。

一番細い33ゲージの針を使う

注射針を刺すときの痛みは、針が太いほど大きくなります。当院で使用しているのは「33ゲージ」という一番細い針です。この細さのおかげで、針を刺すときの痛みを感じにくくなります。

痛くない場所に一定速度でゆっくりと打つ

針はいきなり刺すと鋭い痛みを感じやすく、麻酔液の注入速度が一定でないと圧痛(圧迫されたような不快感)を感じやすくなります。当院では、麻酔を注射する瞬間にも細心の配慮を払い、痛みの出にくい場所を選んで徐々に麻酔を効かせながら、痛みを感じないようにゆっくりと打つように心がけています。

麻酔液は人肌程度の温度に保つ

麻酔薬と体温との温度差が大きいと、痛みを感じやすくなります。したがって、麻酔液をあらかじめ体温に近い37℃程度まで温めておいてから注入することで、痛みをよりやわらげることができます。

レーザー治療器の採用

レーザー治療器の採用 当院では無痛治療のためにレーザーを使用し、患部の切開や止血処置をおこなっています。レーザーの特長は、痛みがほとんどなく治癒も早いこと。治療時に患部に直接触れないため、感染症を防ぐこともできます。当院の導入している炭酸ガスレーザーには歯ぐきを傷めずに治療ができるというメリットがあり、痛みや腫れもほとんどありません。

〒678-0239兵庫県赤穂市加里屋57-5

TEL.0791-46-0177

    topへ

  • 歯科タウン
  • Orico
  • あきた歯科 Akita Dental Clinic
  • セレック

topへ

Copyright c Akita Dental Office. All Rights Reserved.