一般歯科・口腔外科

虫歯で大切な歯を失わないために~一般歯科~

虫歯で大切な歯を失わないために~一般歯科~ お口の中の病気として、歯周病と並んでもっとも一般的な虫歯。「歯医者に行くのは面倒だから」「痛い治療は受けたくない」などといって放置したり我慢したりしていると、症状がどんどんひどくなって最悪の場合には歯を失うことにもつながってしまいます。大切な歯とお口の健康を末長く守っていくためには、虫歯の早期発見・早期治療が欠かせません。

兵庫県赤穂市の歯医者「あきた歯科」では、虫歯などの一般歯科治療の際にもできるだけ痛くない治療を心がけ、赤穂、姫路、日生、相生にお住まいの方の歯とお口の健康づくりをサポートしています。「歯が痛い」「冷たいものがしみる」などの違和感があったら、お早めにご来院ください。

虫歯の進行と治療方法

虫歯はどのように進行していくのでしょうか? 虫歯の進行段階とそのときの治療法について正しく理解しておきましょう。

進行段階 症状 治療法
【CO】
CO
ごく初期の虫歯です。歯の表面のエナメル質がわずかに溶かされ、白く濁って見えます。 適切なブラッシングやフッ素塗布によって、治ることもあります。
【C1】
C1
エナメル質が溶けてきて、見た目が茶褐色になったり黒ずんだりします。冷たいものでしみることがありますが、痛みはほとんどありません。 虫歯になった部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)で削った部分を埋めます。
【C2】
C2
エナメル質の下にある象牙質まで虫歯が進行しています。冷たいものだけでなく、甘いものもしみるようになり、痛みを感じることもあります。 虫歯になった部分を削り、削った部分は詰め物で補います。
【C3】
C3
象牙質の内部にある神経まで虫歯が進行した状態です。重度の虫歯になると、何もしなくても常に激しい痛みを感じるようになります。 虫歯菌におかされた神経を取り除く「根管治療(こんかんちりょう)」をおこないます。神経を抜いた後は被せ物で補います。
【C4】
C4
歯冠部分がほとんどなくなってしまった末期の虫歯です。神経が死んでしまうといったん痛みはおさまりますが、歯根部分に膿がたまると再び激しく痛みます。 この段階までくると、ほとんどの場合で抜歯するしかありません。抜歯後はインプラントや入れ歯などで、歯の機能を補います。

重度の虫歯でもなるべく抜かずに対応~根管治療~

重度の虫歯でもなるべく抜かずに対応~根管治療~ 虫歯が「C3」まで進んでしまうと、その歯は抜くしかないと思われている方もいらっしゃいますが、歯根を治療することによって歯を抜かずにすむ可能性があります。このときにおこなう歯の根の治療を「根管治療(こんかんちりょう)」といいます。

根管治療とは、歯根の内部から虫歯菌におかされた神経や血管を取り除き、きれいに消毒して中に薬剤を詰める治療法です。抜歯をすると歯並びが乱れ、お口の健康を損なったり他の健康な歯を失ったりすることにもつながるので、根管治療によってできるだけ抜歯を避けるほうがよいのです。

細く複雑に入り組んだ根管を取り扱う根管治療では、再発(2次カリエス)を避けるために丁寧な処置が必要とされます。根管治療は高度で時間がかかる治療ですので、虫歯は放置しておかず、できるだけ根管治療にいたる前に虫歯を治すようにしましょう。

あきた歯科では、痛くない治療を心がけています

あきた歯科では、痛くない治療を心がけています~ 兵庫県赤穂市の歯医者「あきた歯科」では、虫歯治療の際にもできるだけ痛みを感じさせない「無痛治療」に取り組んでいます。麻酔のときの痛みをやわらげたり、レーザー治療器を使用したりして不安も負担も少ない処置をご提供していますので、お気軽にご相談ください。

痛くない治療をお探しの方へ「無痛治療」について詳しくはこちら院内設備のご案内はこちら

お口周辺のさまざまなお悩みを解消します~口腔外科~

お口周辺のさまざまなお悩みを解消します~口腔外科~ 口腔外科は、歯だけでなく顎の骨や顎関節、お顔全体、その周辺の組織などを幅広く取り扱う診療メニューです。親知らずの抜歯、顎関節症の治療などが口腔外科の主な対象になります。

親知らずの抜歯

親知らずは一番奥にあるためブラッシングしづらい歯です。さまざまなトラブルを招くことで知られる親知らずですが、実は「抜かなくてもよい場合」と「抜いたほうがよい場合」があります。

抜かなくてもよい場合と抜いたほうがよい場合
親知らずを抜かなくてもよい場合 親知らずを抜いたほうがよい場合
  • ・きれいに生えてきて、ブラッシングも問題なくできる
  • ・一部だけ生えてきて、まわりの歯に悪影響を及ぼしていない
  • ・周囲の粘膜や歯ぐきに腫れや違和感がほとんどない
  • ・完全に骨の中に埋まっていて、今後も問題が起こる可能性が低い
  • ・矯正の移植やブリッジの支えに利用できる
  • ・横向きに生えたり、斜めに生えたりしている
  • ・ブラッシングがしにくく、虫歯や歯周病のリスクを高めている
  • ・まわりの歯や神経を圧迫している
  • ・周囲の粘膜や歯ぐきに炎症や痛みを引き起こしている
  • ・噛み合わせや歯並びの乱れに影響している
精密な診断と丁寧な説明に努めています

「あきた歯科では」、親知らずの治療でも多くの臨床経験があります。親知らずを抜くかどうかを判断するためには、専門家の正確な診断が必要です。当院では充実した設備を用いてしっかり検査をしてから判断しますので、気になる症状がある場合はお気軽にご相談ください。

また、診断結果は患者様にわかりやすいように丁寧にご説明しています。抜くべきか、抜かずに経過観察をするべきか、理由とともにお伝えいたしますので、不安な点や不明な点があれば遠慮なくご質問ください。

顎関節症の治療

顎関節症の治療を受ける前に知っておいていただきたいことをご説明します。当院ではおもに「マイオモニター」という低周波治療器を使った理学療法をおこなっています。

顎関節症ってどんな病気?

顎関節症は顎の関節とその周辺に障害が起きる病気です。ここ10数年の間に患者様が急増しており、20~30代の女性に多くみられます。病気にかかると、次のような症状が現れます。

  • ・顎を動かしづらくなって、口を大きく開けられなくなる
  • ・口を開け閉めするときに「カックン」とか「シャリシャリ」という音がする
  • ・口を開けると、顎や耳の穴のすぐ横にある関節が痛む
  • ・食べ物がよく噛めなくなる
  • ・顎のまわりやこめかみなどが痛む(だるい)
  • ・首や肩がこる

痛みの部位や程度には個人差がありますが、左右片方だけに症状が現れる場合が多いようです。また、頭痛やめまい、耳鳴り、手足のしびれなどの症状が現れるケースもあります。

顎関節症の原因

顎関節症の原因 原因のひとつが噛み合わせの悪さです。たとえば、虫歯の治療で使用した被せ物が壊れたり、虫歯や親知らずがあったりすると、左右対称にきちんと噛むことができません。そうした不具合をそのまま放置しておくことによって、片方の歯による噛み癖がつき、噛み合わせが悪くなることもあります

また、毎日の生活習慣から顎関節症が引き起こされることもあります。歯ぎしりや頬杖をつく癖、精神的なストレスなどで歯を食いしばる癖がある人は要注意です。顎の関節や筋肉によけいな負担がかかってしまい、顎関節症になることがあるのです。

顎関節症の治療法

顎関節症の方の場合、顎やそのまわりの筋肉が緊張しているケースが多くあります。そのため当院の口腔外科でおこなっているのは、顎やまわりの関節に電気的な刺激を与えて緊張をほぐす治療です。「マイオモニター」という低周波治療器を使用し、筋肉の緊張を緩和していきます。

マイオモニターとは?

マイオモニターとは?顎関節症や歯ぎしりを原因とする噛み合わせの治療で使用する低周波治療器です。約20分間通電することで刺激を与え、筋肉の過度な緊張による痛みや顎の不調を軽減します。緊張をやわらげてリラックスした状態にしていくことで、症状を改善へと導きます。

〒678-0239兵庫県赤穂市加里屋57-5

TEL.0791-46-0177

    topへ

  • 歯科タウン
  • Orico
  • あきた歯科 Akita Dental Clinic
  • セレック

topへ

Copyright c Akita Dental Office. All Rights Reserved.