〒678-0239
兵庫県赤穂市加里屋57-5
駐車場18台完備

兵庫県赤穂市の歯医者「あきた歯科」の幹細胞培養上清液を用いた治療についてご案内。

9:00-12:30 / 14:00-19:00 土曜 9:00-13:00 / 14:30-18:00 休診日 木曜・日曜・祝日

Icon Tel0791-46-0177

Icon MailWEB診療予約

当院の点滴療法について

  • TOP
  • 当院の点滴療法について

INTRAVENOUS DRIP

当院の取り扱い点滴治療のご案内

当院では様々なご要望に合わせて治療をご提供できるよう複数の点滴をご用意しています。
「高濃度ビタミンC点滴」「シンデレラ点滴」「白玉点滴」などがあります。それらの他に歯科治療時の自然治癒力の向上の目的で「幹細胞培養上清液」もご用意しております。

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴

高濃度のビタミンCは、美容の面ではコラーゲン生成を促進とメラニンの生成を抑制、シミやソバカスを防ぎ、美肌や美白効果が期待できます。歯科治療で期待できる効果としては「抜歯やインプラント治療後の術後回復」や「歯周病対策・歯周炎の予防」等、歯ぐきの状態悪化抑制と改善などがあります。また、顔回りのたるみやほうれい線の改善にも期待できます。

シンデレラ点滴(白玉点滴・美白点滴)

シンデレラ点滴(白玉点滴・美白点滴)

抗酸化作用でメラニン生成を抑制する成分を含んでいます。肌全体の美白効果と肌シミの改善アンチエイジング効果が期待できます。それだけでなく抗アレルギー効果や生活習慣病の予防等、幅広い面で効果が見込まれます。

グルタチオン点滴(白玉点滴)

グルタチオン点滴(白玉点滴)

よく白玉点滴と呼ばれる抗酸化作用の高い点滴です。
高い抗酸化作用や解毒作用をもつグルタチオンは、美肌・美白効果アンチエイジング効果メラニン色素定着の予防などに期待ができます。また歯周病の予防口内炎がよくできる方に効果的といわれています。

三種混合

高濃度ビタミンC点滴、シンデレラ点滴、白玉点滴の3つを混合した点滴です。

料金表

高濃度ビタミンC点滴 1回 5,000円
三種混合 1回 25,000円

※税込み価格です

STEM CELL CULTURE SUPERNATANT

よりレベルアップした歯医者を目指し「幹細胞培養上清液」を導入

よりレベルアップした歯医者を目指し
「幹細胞培養上清液」を導入

兵庫県赤穂市の歯医者「あきた歯科」では、幹細胞培養上清液を用いた歯科治療にも積極的に取り組んでいます。

 

幹細胞とは、体のさまざまな細胞に変化することができる万能細胞です。ケガや病気、老化などによってダメージを受けた細胞を修復するために幹細胞が働いています。しかし、幹細胞治療は高度な技術と環境が必要です。そこで、幹細胞を使いやすくするために開発されたのが「幹細胞培養上清液」です。当院では、この幹細胞培養上清液を用いた歯科治療を導入しています。

細胞・組織の再生を促す『幹細胞培養上清液』とは

幹細胞培養上清液とは、簡単に説明すると幹細胞を育てるための液体です。幹細胞を培養するときに使う培養液の一部には、細胞が成長するために必要な栄養素や成長因子が含まれています。この培養液から不純物を取り除いた後、滅菌など処理をしたものが「幹細胞培養上清液」です。兵庫県赤穂市の歯医者「あきた歯科」では、厳しい衛生基準を満たした環境で培養した安全性の高い幹細胞培養上清液を使用しています。

幹細胞培養上清液のなかには、「サイトカイン」や「成長因子」などが含まれます。これらは、ケガや病気、老化などでダメージを受けた細胞の修復を後押しする働きがあります。また、症状によっては幹細胞培養上清液が幹細胞治療に近いレベルで、効果を発揮するかもしれません。

幹細胞培養上清液に高まる期待

効果1
組織・神経修復作用
効果2
免疫調整作用

組織・神経修復作用

皮膚や筋肉、末梢神経など、ダメージを受けた細胞を修復して健康な状態にするのを助けます。

効果2
免疫調整作用

免疫調整作用

体の免疫システムを正常な状態に調整して、異常な免疫反応やアレルギーを防ぐのに役立ちます。

効果3
血管再生・新生作用
効果4
抗酸化作用

血管再生・新生作用

動脈硬化などに対処するのに役立ちます。具体的には、新しい血管を形成したり、血管を修復したりと、血流を改善する効果があります。

効果4
抗酸化作用

抗酸化作用

体内に発生した活性酸素を除去し、細胞の老化やがん化、疲労を防ぎます。シワやたるみなど、若々しい肌をキープすることにも役立ちます。

幹細胞培養上清液を用いた歯科治療について

幹細胞培養上清液を用いた歯科治療について

歯科治療では幹細胞培養上清液を注射によって歯茎に投与します。すると、歯肉の修復、歯髄の保護、歯槽骨の再生など、歯周組織に直接的に作用していきます。

インプラントや抜歯での創傷の早期治癒に

インプラントや抜歯での創傷の早期治癒に

幹細胞培養上清液を用いれば歯肉や歯槽骨の早期回復が期待できます。インプラントの術後のケアにおすすめです。

歯周病や歯槽膿漏へのアプローチ

歯周病や歯槽膿漏へのアプローチ

歯周病や歯槽膿漏などの疾患は歯周組織を破壊します。細胞の成長や増殖を促す幹細胞培養上清液を用いれば、失われた歯周組織の再生を促し、炎症や出血などの症状を軽減します。

インプラント周囲炎や感染症への予防に

インプラント周囲炎や感染症への予防に

インプラントでは治療後の炎症や感染症などのリスクがあります。炎症作用や免疫機能がある幹細胞培養上清液を用いれば、これらのリスクを最小限に抑えられます。

施術に関して

主に歯科治療における幹細胞培養上清液治療では注射を用いて歯茎に投与します。口腔内の状態や症状等に合わせて治療方針を決定します。ご不明点等があればご相談ください。

幹細胞培養上清液を用いた歯科治療の注意事項
  • 体調が良くない方
  • 過去、点滴薬剤でアレルギー反応があった方
  • 全身疾患で治療を受けている方

アレルギー反応の経験がある方や全身疾患を抱えている方は、歯科治療によるリスクが高まる可能性があります。さらに、ご高齢の方は治療による負担が大きくなるため慎重な判断が必要です。また、体調が良くない場合は、必ず事前にご連絡ください。体調によっては、治療を延期したり中止したりすることがあります。

幹細胞培養上清液を用いた歯科治療ができない方
  • 15歳未満の方
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方
  • 授乳中の方

15歳未満の方は、成長や発達に影響を与える可能性があるため幹細胞培養上清液を用いた歯科治療ができません。また、妊娠中や授乳中の方も赤ちゃんに影響を与える可能性があるため治療ができません。

幹細胞培養上清液を用いた歯科治療のリスク

治療後はしばらくの間、痛みや腫れなどの症状が出る場合があります。気になる症状があるときは、遠慮なくご相談ください。

よくある質問

Q1

幹細胞培養上清液はどのように投与されますか?

A

治療する患部に合わせて点滴投与・注射・塗布・点鼻によって投与します。

Q2

幹細胞培養上清液の副作用はありますか?

A

投与後に赤みや発疹、内出血、腫れ、熱感を感じる場合があります。

Q3

幹細胞培養上清液の治療後は、すぐに帰宅できますか?

A

入院の必要はありません。すぐにお帰りいただけます。

Q4

治療前後で食事制限はありますか?

A

治療当日は食事制限や水分制限がある場合があります。事前にご確認ください。

料金表

培養上清療法 1アンプル 50,000円

※税込み価格です

トップに戻る